歯を守ることは、自分を守ること。

 歯はモノを噛むだけではなく、食べた時に感じる歯ごたえや歯ざわりなどの味覚にも 大きな役割を果たします。スポーツや衝撃などから身を守るときは歯を食いしばり、言葉を発したり、 話をするときも、歯がないとうまくできません。歯を守ることは、そうした機能を守ること。 私たちは、歯は体の健康と深いかかわりがあるという前提に立ち、 まずは歯の全体を診ることからはじめます。


治療について

 歯の治療で最も大切なことは、原因の追究です。なぜ不具合が生じているのか?どうして悪くなったのか?原因がわからないと適切な治療にはつながりません。今、あなたの歯はこうなっています。原因は○○です。だからこういう治療をしましょう。インフォームドコンセント(事前説明)を念入りにし、一人ひとりの患者さんの治療に時間をかけます。とくに矯正は、治療を短く、簡単に終わらせてしまうと、治療後に関節の痛みが出てきたり、歯や口の動きが悪かったり、顔貌が縮こまったりします。それではお金をかけて治療する意味がありません。そんなことのないように、私たちは審査、診断をしっかりして、全体を診て治療する姿勢を貫いています。


予防のこと

 予防はとても大事です。予防をしっかりしていれば、おそらく歯医者さんの数は減るでしょう。だけど残念ながら、日本人の予防に対する認識はまだまだ高くありません。歯の健康だけではなく、体全体にも影響するので虫歯や歯周病にならないように、できるだけ早い段階から予防を心がけましょう。ヨーロッパでは予防は無料で、治療にお金がかかる国が多いと言います。日本は、悪くなったら直す、歯医者さんに行く人が多いようですが、歯のクリニーングや、悪いところがないかどうかをチェックするだけでもOKですので気軽にご相談ください。


保険外治療

 歯科医療には、保険診療と保険の対象にならない保険外治療(自由診療)があります。矯正やインプラント、高額な道具を使う入れ歯などは一般的に保険外治療になります。ただし矯正であっても、原因を究明した結果、たとえば患者さんの噛みあわせが悪く顎関節症を起こしているケースでは、保険診療の対象になる治療もあります。矯正でも歯医者さんによって治療の仕方はさまざま。当院は原因を探り、不具合を矯正し、治療後の患者さんの生活の質を改善するための治療の一環として行っており、審美的な治療ではありません。保険外であっても、確定申告で還付の対象になる治療もあるのでお気軽にご相談下さい。